交通事故

こんなことで悩んでいませんか?

□ 事故の後、頭痛やめまい、耳鳴りがするようになった
□ 事故の後、肩や腰の痛み、違和感が強くなった
□ 事故の後、数日経過してから痛みが出てきた
□ 事故の後、手足がしびれてきた

 

交通事故によるむちうち

accident_01

奈良県での交通事故は、45、000件以上も発生しています。負傷者は約6500人以上。(奈良県ホームページより平成25年データ)

私たちは、車に乗っていても乗っていなくても巻き込まれる危険が常にあります。

この交通事故で実に多くの方が悩まされているのが、むちうちの症状。 むちうち症の多くは、事故の後すぐには気が付かないことが多く、事故発生後1ヶ月以上経ってから、症状に気付くこともあります。

事故の衝撃は、自身が思っている以上に大きいものです。 「そういえば事故に遭ってから・・」と思いあたることがありませんか?

医療機関で精密検査を受けてから、当院で治療を受けることも可能です。
「レントゲンに異常がないのに痛みがある」「薬と湿布じゃ改善しない」、そんな悩みがあるなら、おにぎり整骨院にお任せください!

 

おにぎり整骨院の交通事故治療

accident_02

患者さんとまずしっかり話し合います。

その痛みがなぜ、起きたのか、原因がわからないと、患者様ご自身も必要としている治療なのか、納得できないでしょう。 まずは、ご自身の身に何が起きているのかを把握して頂き、それから、手技施術や電気治療などで治療を行っていきます。

 

手技療法って必要?

なぜ、整骨院では手技治療を行うのか?
それは、骨や靱帯の微調整は人間の手でないと分からないからです。

レントゲンには靱帯の損傷は写りません。
薬では骨のわずかなズレを正すことはできません。
でも、薬や湿布では改善できない骨のズレも手技なら治すことができます。もちろん、交通事故治療の訓練を積んだ人でなければ骨の微調整はできません。

傷ついた靭帯は電気治療でリンパの流れをスムーズにすることで回復を促すことができます。
設備の整った当院は、交通事故のむち打ち症の治療をしっかり行うことができます。